鍋山小学校
鍋山小学校校歌

学校の沿革

〈本校〉

明治 7.1 加食田小学校開校する
8.9 乙加宮小学校と改称する
12.1 乙加宮、殿河内連合小学校となる
25.9 鍋山尋常小学校となる
28.12 根波別所に分教場設置する
29.7 鍋山村尋常高等小学校と改称する
大正 13.12 第2校舎新築(校地移転)する
15.9 第3校舎移転改築する
昭和 16.4 鍋山村国民学校と改称する
22.4 鍋山村立鍋山小学校となる
29.1 町村合併により、三刀屋町立鍋山小学校と改称する
29.4 坂本地区、通学区となる
30 鍋山中学校屋内体育館竣工し、小中学校共用する
34.6 三刀屋中学校実質統合により以後、鍋山中学校校舎および屋体を使用する
46.4 鉄筋3階建(一部4階)校舎竣工する
49.2 創立百周年記念式典挙行する
53.6 校庭一部拡張する
55.7 校庭拡張、水泳プール竣工する
平成 元.3 屋体及び特別教室棟竣工
保健室等、本館の改装工事
元.4 根波分校を統合、スクールバス運行
2.3 給食室改装工事
5.8 外壁、暖房器具等大規模改修工事
12.3 プール改修(塗装)工事
16.11 町村合併により、雲南市立鍋山小学校に改称
22 太陽光発電パネル設置
24 耐震工事
27 3・4年複式学級編制となる

〈分校〉

明治 7.4 創立
8.4 根波分校と称する
17.8 第8番地区と改め多久和小学校根波分校と改称する
25.9 廃校となる
28.12 鍋山小学校、根波分教場の設置なる
39.10 校舎改築
昭和 16.4 鍋山国民学校根波分教場と改称する
22.4 鍋山村立鍋山小学校根波分教場と改称する
22.9 鍋山村立鍋山小学校根波分校と改称する
29.1 三刀屋町立鍋山小学校根波分校と改称する
38.10 1月豪雪により校舎一部倒壊、10月復旧改築する
49.2 創立百周年記念式典を挙行する
57.9 旧保育所跡を音楽室として使用する
59.4 単式4学級編成となる
61.4 3・4年複式学級編制となる
平成 元.3 分校閉校式、115年の歴史を閉じる

平成30年度 鍋山小学校の学校経営について

鍋山君学校教育目標
児童の実態 保護者の願い 地域の思い 等

心をみがき(徳) 身をきたえ(体) 学び(知) 励む(動) 子の育成

学習指導要領 県の教育方針 市の教育方針

鍋山君めざす学校像
こんな学校に!

地域とともに歩む・創る 鍋山小学校

ー小さな学校から大きな感動をー

鍋山君めざす子ども像
こんな児童に!

思いやりのある子・・・互いの違いを認め合い、誰にでも思いやりを持ってい接する子
体をきたえる子・・・めあてをもって意欲的に運動し、体づくりをする子
しっかり考える子・・・自分の考えをもち、伝え合い、粘り強く学び合う子
進んで行動する子・・・「やってみよう」という気持ちをもって挑戦する子

【合い言葉】

かよく
んきょう
る気
っしぐら!

鍋山君めざす教職員像
こんな教職員に!

○一人一人の子どもの自立を促し、子どものよさを伸ばす教職員
○指導力の向上をめざし、自己研鑽を続け、学び合う教職員
○人権意識の向上に努める教職員
○家庭や地域とも連携し、教育活動に協働で取り組む教職員

経営の重点 主な内容

協働し学び続ける教職員集団づくり"チーム鍋山"
・笑顔とコミュニケーションをベースとした協働の推進
・指導力向上に向けた教職員研修の充実(校内・校外研修、計画性、実践化)
・複式教育研修の充実(先進校視察・校内研修)
・「報告・連絡・相談」の徹底を通じた情報共有とチーム対応
・不断の改善と創意工夫(不易を見極めつつ変化を恐れない。改善と創造)
・教育公務員としての使命感の醸成と服務規律の徹底

知徳体のバランスのとれた子どもの育成
(心・体・頭を鍛える)
豊かな心の育成と互いの違いを認め合い、高め合う集団づくり
・体験を通した「如己愛人」「切磋琢磨」の精神の涵養(「はなさき山活動」等)
・思いや考えをもち、伝え、自他の生き方を考える道徳教育、人権教育の充実
・チームでの児童理解と積極的な生徒指導の充実(教育相談、QUアンケート等)
・読書指導の充実を通した豊かな感性、情緒、表現力の育成
・感動と感謝、自己肯定感を育む教育活動の工夫(多様な体験、学級・児童会等)

未来を拓く確かな学力の育成
・未来を拓く確かな学力の育成
・主体的・対話的で深い学びのある授業づくり
・ICTを効果的に活用した伝え合い学び合う授業づくり(思考力・表現力)
・学力調査結果を活用した組織的な指導の改善・充実(PDCAサイクル)
・学校図書館活用授業の実践(学び方を学ぶ)
・家庭学習の充実(習慣、質と量、「家庭学習の手引き」)
・環境整備(言語環境、整理整頓、環境美化、掲示物等)

生き抜く力の基盤となる健康安全・体力づくり
・体力づくり(教科体育の充実、体育的行事、外遊びの奨励など)
・基本的な生活習慣の定着(早寝・早起き・朝ごはん、アウトメディア、歯磨き)
・食育(「なべっ子うちごはん」「お弁当の日」、給食試食会・保護者への食育啓発)
・安全指導(危機回避能力、自主性・主体性を育む)、安全管理と早期対応

特別な配慮を要する児童への支援
・校内支援委員会を中心とした組織的な支援体制づくり
・特別な支援を要する児童の早期発見・チーム支援(校内、関係機関との連携)
・ユニバーサルデザインの授業づくり、生活環境づくり
・幼小中の連携、早期からの計画的な支援
・保護者との信頼関係づくり

地域を支え、自らの可能性を伸ばす人づくり
・地域に根ざしたふるさと教育の充実(総合的な学習の時間を中心とした問題解決能力の育成、地域への発信)
・地域文化(獅子舞)の継承、地域活動への積極的な参加(貢献活動、協働)
・三刀屋町内の幼稚園、小学校、中学校と連携したキャリア教育の推進
 (夢発見プログラム、幼小・小小・小中交流等)
・多様な人々との学びの場づくり(地域の教育資源の積極的活用・外部人材との学習の充実)

家庭・地域との連携を強化した開かれた学校づくり
・地域コーディネーターを活用した地域連携の促進
・家庭・地域への積極的で正確な情報発信、情報交流
 (経営方針の共有、学校だより・学級だよりでの教育活動の具体を発信・HP作成)
・学校評価を生かした学校改善(短期・長期のPDCA)
・コミュニティースクールを活用した取組の推進
管理職を中心とした指導・支援体制の確立
幼小中高連携、生涯学習の視点
学年・学級・校務分掌担当者等による具体化・実績化
学校評議員会,学校関係者評価
実践・評価・改善
家庭・地域との連携

平成30年度の重点

1 地域とつながる。(教育資源の活用・発信)
2 一人一人の表現力の向上
①相手を大事にする対応(先手名前挨拶、返事、聞くこと)
②説明する力と話しきる力をつける授業づくり