「ありがとう」を伝えよう 6年生を送る会

 3月1日(金)に6年生を送る会が行われました。これまで、5年生を中心に在校生で準備を進めてきました。当日は、6年生の保護者の皆さんもお迎えし、全校で一緒に楽しい時間を過ごしました。
 6年生を送る会のスローガンは、「いつも優しい6年生にありがとうの気持ちを伝えよう!」でした。各学年が感謝の気持ちを伝えようと、色々なゲームやプレゼントを一生懸命考えました。
 始めに6年生入場です。3人ともかわいいリボンをつけて、IKKOさんのものまねをし、在校生を笑わせてくれました。
 最初のコーナーは、低学年からのプレゼントでした。低学年が大好きな「できるかなたいそう」を全校でしました。ゴリラになったり、象になったり、6年生は恥ずかしがりながらも、一緒に体を動かして楽しそうでした。その後、6年間使った自分のランドセルと同じ色のミニランドセルのプレゼント。とてもうれしそうでした。
 中学年からのプレゼントは2つのゲームでした。6年生が参加するゲームでしたが、見ている人も楽しめるように工夫がこらしてありました。ゲームの最後に箱を開けると、中から3、4年生が協力して作ったペン立てのプレゼントが出てきました。
 全校ゲームは、4、5年生で協力して準備をしました。始めに保護者の方や先生方も一緒にかもつ列車をしました。その後、6年生の好きな物を聞いてその言葉の文字数でグループを作るゲームをしました。題して「6年生の好きな物大集合」。始めは、「らくだ」で、3人グループでした。グループになれなかった人はさいころをふって、出た目のお題で6年生と交流しました。握手をしたり、ハイタッチをしたり、じゃんけんをしたりとみんなの笑顔でいっぱいになりました。
 ゲームが終わると、在校生から6年生にアルバムを渡しました。このアルバムには、在校生からの感謝のメッセージと6年生の思い出の写真が入っています。きっと、6年生にとって心に残る大切な宝物になることでしょう。
 会も、終わりに近づきました。みんなで「ありがとう」の歌を歌った後は、びっくりサプライズのコーナーでした。ここでは、低学年の頃の担任の先生方からのビデオレターが流れ、6年生は、小さい頃の様子を聞きながら懐かしそうに見入っていました。
 6年生からのコーナーでは、3人が作ったマフィンとプラバンのキーホルダーを在校生にプレゼントしました。みんなに喜んでもらえて、6年生もとてもうれしそうでした。
 最後に、校長先生が6年生の1年生からの思い出写真をまとめた映像を流してくださいました。在校生も「かわいい~!」と声をあげていました。成長の様子がよくわかり、保護者の皆さんは思わず涙が・・・。
 退場は、在校生が持つ花のアーチをくぐって。卒業まで残すところあとわずか、一緒に過ごせる時間を大切に、1日1日を過ごしていきましょう。
 中心になってがんばった5年生のおかげで、みんなの笑顔がいっぱいの楽しい会になりました。そして、6年生にしっかり感謝の気持ちを伝えることができました。4月から吉田小学校を引っぱっていく8人、この経験を生かして、来年度の吉田小学校を盛り上げていってくれることでしょう。
 次は、全校で卒業式に向けてがんばります!
2019年03月01日
雲南市立吉田小学校