雲南市立木次小学校

メニュー

赤い羽根共同募金を渡しました

2019-12-13 18:09:04
児童会の絆委員会さんが児童のみんなに呼び掛けて行った赤い羽根共同募金ですが、児童のみなさんの協力によりたくさんの募金が集まりました。ドラえもんの募金箱に、一人一人の子どもたちがきっと思いを込めて募金をしてくれたことと思います。児童を代表して、児童会の絆委員会の6年生のみなさんから社会福祉協議会の方に集まった募金箱を手渡しました。社会福祉協議会の方からは、絆委員会のみなさんに感謝の言葉をかけていただきました。子どもたちが心を込めて募金した貴重なお金ですので、社会福祉のために有効に活用していただくことを願っています。

書初め会を行いました

2019-12-11 18:55:27
木次小学校では毎年、木次町内で書道の指導をしておられる先生方を講師としてお招きし、書初め会を行っています。今日は3,4年生のみなさんを対象に書初め会を行い、4名の講師の先生方に指導していただきました。3,4年生のみなさんはやや緊張しながらも、真剣な表情で書初めに取り組みました。書初め会は1月にもう一度行います。書初め会を通して、1年の抱負や目標を意識すると共に、字が上達するといいですね。

6年生交流会を行いました

2019-12-10 20:49:23
今日は、斐伊小学校、西日登小学校、寺領小学校の6年生のみなさんに木次小学校に来てもらい、4つの小学校の6年生で交流会を行いました。各学校の子どもたちが一緒になって、仲間探しゲームをして自己紹介し合ったり、王様ドッチボールなどをしたりして交流をしました。最初は少し緊張しているようすもありましたが、次第に打ち解け、学校の枠を超えて仲良く話をする姿がみられるようになり、とてもよい交流会となりました。今日集まったみんなはあと4か月後には木次中学校の1年生となり、同じ学校の同級生としての日々をスタートさせることになります。今日集まった6年生のみなさんの残り少ない小学校生活が充実したものになるように、そしてその後に始まる中学校生活において、同じ学校の仲間としての絆を深めていけることを心から祈っています。

専門家を招いての器械運動の授業を行いました

2019-12-06 20:05:15
木次小学校では、毎年体操の専門家の方に来校いただき、マットや跳び箱を用いて行う器械運動の指導をしてもらっています。これまでも何回か来ていただきましたが、今日は4年生から6年生を対象に、跳び箱の指導をしていただきました。跳び箱の上で前転し、身体をそらしてきれいに着地することはなかなかむずかしいのですが、指導者の矢田先生にポイントを押さえた指導をしていただき、子どもたちも意欲的に取り組んでいました。矢田先生の授業は今年度最後となります。これまで丁寧にご指導いただきありがとうございました。

4年生が社会福祉について学びました

2019-12-05 20:15:46
4年生は総合的な学習の時間に、社会福祉についての学習をしています。先日は、新市デイサービスを見学し、高齢者の方と交流しました。今日は、社会福祉協議会の方に来ていただき、高齢者体験を行いました。最初に、社会福祉協議会の方から、「福祉とは普段のくらしを幸せにすること」「そのためには地域に住む人同士が助け合わなければならないこと」などについてわかりやすく話をしていただきました。そして、二人一組になって、高齢者の疑似体験ができる器具を体に装着して校内を歩きました。高齢者の方の不自由さを体験することを通して、高齢者の立場になって考え、思いやりの気持ちをもって接することができるようになってほしいと願っています。